読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燭台猫マターン

f:id:takemura-toyoko:20160528131441j:plain

ハンガリー民話「燭台猫マターン」よろナイフを持つマターン。

 

ある王様のところによくしつけられた猫、マターンがいました。

マターンは王様の燭台を捧げ持ち、一緒に食卓につくことを許されていました。

ところがある日、「しつけより野生の方が強い」ということを王様に示すため、従者が食卓にネズミを放ちます。

本能のままにネズミを追いかけたマターンは、罰として食卓につくことを禁じられてしまいました。

そのことを恨んだマターンは、王様の喉を噛み切ってしまいましたとさ。

 

燭台を健気に掲げる猫マターン。想像するとすごく可愛いです。

民話というより寓話といった話ですが、突然のバッドエンドが民話らしいです。

 

私のイメージではマターンはふわふわの白い長毛で、怖いくらい青い目の猫。

可愛さと怖さを出せていたらいいなと思います。

 

 

 

乃木坂Books and Modernにて
5月20日(金)〜6月9日(木)
『竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界』
開催中。
http://booksandmodern.com/gallery/569/
ハンガリー民話をテーマにした作品約20点。
ライフワークのきのこや動植物をてーまにしたさくひんやく40点を展示販売。

 

本日14時半頃から19時まで在廊。

在廊中は切り絵の実演も行います。

 

今後の在廊予定

1日(水)、2日(木)、5日(土)など

 

若冲展に思うこと〜アーティストは霞を食べては生きられないです。

伊藤若冲展、大盛況でしたね。

4時間待っても見たい気持ちはわかります。

若冲は素晴らしいです。

www.huffingtonpost.jp

でも、いつも思うことですが、巨匠(もう死んでる人)の絵を観に美術館に行くお金と労力を、生きてるアーティストにもう少し使ってくれないかと…。

上野に行って美術館の入場料2000円弱を払い、図録やグッズを買い、ランチしてお茶してお土産を買って帰る。

このお金があれば、若手アーティストの作品なら買えてしまいます。

(もちろん私のも)

 

若冲は、偉大なる素人的なあだ名があるくらいの人で、厳密に言うと絵を売って生きていた絵描きではありません。

青物問屋の後継(豪商のボンボン)として生まれ、親の後を継いで商いをしながら趣味で絵を描いていたものの、商売は性に合わず早々に隠居して絵に没頭します。

あちこちから頼まれて絵を描いてはいたものの、気楽な隠居の身。

絵を売って生活を立てていく必要はないので、実験的な制作をしたり、超時間をかけて一点を描いたりということができたのでしょう。

 

日本では

「絵は売るものではない」

「芸術家は商売のことなど考えず芸術に没頭するべきだ」

と思っていらっしゃる方も多く、美術大学の教授もそのように指導する人が多いくらいですが、

大学教授はお給料もらってますから!

絵は売らなくても食べていけますから!

 

ゴッホゴーギャンに傾倒した大正時代の白樺派の方々がそんなことを唱えたおかげで今でも日本ではそんな考えが浸透していますが、

白樺派の方々はだいたいみんなボンボンですから!

生活に困ってませんから!

ゴッホも弟が生活の面倒見てくれてますから!

 

と叫びたいです。

上野の中心で。

 

若手アーティストの作品展は入場無料です。

見ていただいたら、褒めていただいたらもちろん嬉しいです。励みになります。

が、それだけではアーティストには何のお金も入りません。

 

アーティストはみんな、展示をするのにお金をかけています。

作品の材料費、額装代、DM制作費、DM発送費、会場費、作品の送料、交通費、オープニングパーティの費用など。結構な負担です。

もちろん労働力も、作品を制作する労力だけではなく、額を買い集めたり、作品を搬入し会場の設営をしたり、DMの発送作業をしたりとかなりの時間と労力を費やしています。

 

「好きでやっていることなんだから、趣味みたいなものでしょう?」

と言われるとまあそうなんです。仕方ありません。

でも定年後の余裕のある方々の趣味と違って、若手アーティストは生活かけてやっています。

 

バブルの頃(知らないけど)のように、一点何百万何千万するわけじゃありません。

でもバブルの頃と違って、企業やバブリーなお金持ちがヒョイヒョイとそれを買ってくれたり自治体がポンと大きな仕事をくれたりもしません。

 

今のアーティストを支えることができるのは、普通の生活に少しだけ余裕のある、普通の人たちだと思います。

 

そして、今のアーティストたちができることも、普通の生活をする人たちの普通の生活を、作品で少しだけ豊かにしたり楽しくすることだと思います。

私もいつもそう心がけて制作しています。

 

そんなわけで、

若冲展に行ったあなたも、行ってないあなたも

少しだけ

「生きているアーティストの作品にお金を払う」

ということに目を向けていただけないでしょうか?

(切実)

 

 

乃木坂Books and Modernにて
5月20日(金)〜6月9日(木)
『竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界』
開催中。
http://booksandmodern.com/gallery/569/
ハンガリー民話をテーマにした作品約20点。
ライフワークのきのこや動植物をてーまにした作品約40点を展示販売。
木、土曜日は在廊。
在廊中は切り絵の実演も行います。

 

booksandmodern.com

 

 

 

f:id:takemura-toyoko:20160527174021j:plain

花髪の男

f:id:takemura-toyoko:20160525115024j:plain

ハンガリー民話より「花髪の男」

ある王様の浴槽の湯が毎日なくなるので不審に思って浴槽にパーリンカハンガリー蒸留酒)を満たしておいたところ、髪の毛が全部花でできた妖精の王様が眠りこけていました。(髪の毛の花に水をやっていたのか?なぜわざわざ王様の浴槽から?)

捕まってしまった妖精の王、花髪の男は王子をそそのかして逃がしてもらいますが、その王子は罰として一人で「名付け親の老王」(おじいさん?)のところへ行かされ、その途中に馭者や従者に殺されそうになったり王子になり変わられて奴隷のように働かされたりと散々な目に。。

最後は花髪の男が助けてくれましたが、王子は飛んだとばっちりでした。

 

とこんなお話です。

このお話の「花髪の男」に強く惹かれて、髪の毛を切りたくて切りたくて6枚も切ってしまいました。

妖精の王様で、超美形なくせにちょっと間抜けな花髪の男。

ハンガリー民話には、他の国の民話には見られない不思議なモチーフでがいっぱいです。

 

 

 

展示のお知らせ

乃木坂Books and Modernにて
5月20日(金)〜6月9日(木)
『竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界』
開催中。
http://booksandmodern.com/gallery/569/
ハンガリー民話をテーマにした作品約20点。
ライフワークのきのこや動植物をテーマにした作品約40点を展示販売。
木、土曜日は在廊。
在廊中は切り絵の実演も行います。

本棚

今週のお題「わたしの部屋」

このたびNHK総合「キッチンが走る!」(杉浦太陽が出てる番組)のミニ番組のコーナータイトルと「にんじんの回」「貝の回」のイラストを担当させていただきました。
初めてのテレビのお仕事です。

コーナータイトルは、背景の本棚も、手前の図鑑の表紙も描きました。
イラストがアニメーションのように動かされる予定です。

明日の早朝から各回何回か放送される予定です。
全国どこでも見られます。

早朝の放送が多いので、よろしければ予約録画してご覧ください。


【2月】
 2月24日(水)総合 前3:55 #3「エビ」<2515-599> 
25日(木)総合 前3:55 #1「貝」 <2515-597>
26日(金)総合 前3:55 #2「にんじん」<2515-598>
27日(土)総合 前3:55 #4「いちご」<2515-600>

【3月】
 3月6日(日)総合 後4:15 #1「貝」<2515-597>
         ※スポーツ中継の影響で休止となる可能性大 
17日(木)総合 前2:20 #2「にんじん」<2515-598>
17日(木)総合 前2:35 #3「いちご」<2515-600>
      ※連続二本立て編成です
21日(月祝)総合 前8:40 #4「エビ」<2515-599>
      ※一番よく見られる時間帯






本棚の絵は、我が家にあるものがけっこうモデルになっています。
(リキの小さな時計
Lemnos 小さな時計 WR11-05 WR11-05
や外国の画集、
カベンディッシュ飴の瓶
カベンディッシュ&ハーベイ ミックスベリーキャンディージャー 300g
など)
我が家にも壁一面の本棚もあるのですが、我が家の本棚はもっとぎゅうぎゅうに本が詰まっています。

こんな風に余裕のある本棚にするのが夢です。

青梅マラソン10kmの部完走してきました。
Tシャツのデザインがいいことで知られる?この大会。
今年もまあまあかな。

使えそうです。

クロネコヤマトの黒猫がいました。
9625…

大きくなるとなかなか邪悪な顔ですね。

高橋尚子さんがゲストランナーで「すぐ行きますからー!」と最後尾から来てテッテケと追い抜いていきました。
なんかキラキラしてて元気が出ました。

タイムは1:04。
キロ約7分ペースなので、まあダメダメですが、最近練習できてなかったわりにはよく走れたかな?
青梅マラソンはアップダウンが多いので、タイムは出にくいようです。
最後3kmくらいはスパートできたので、最初の渋滞がなければもう少しマシだったかもしれません。

なんにしろ思い切り走るのは気持ちいですね!

4月くらいにハーフの大会に出て夏にはトライアスロンの大会に何か出たいと思っています。

練習しなきゃ!

娘の保育園のごはんはこんな感じでした。


季節感すごいなー。
赤鬼、青鬼も来たそうです。

怖がりの娘は固まっていたそうです。