読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しりとりあそびえほん

しりとりあそびえほん

しりとりあそびえほん

いろいろなテーマに沿って、しりとり遊びができる絵本です。
大きくなるしりとり、はるのしりとり、白いしりとりなど、ページごとにテーマがあって、楽しめます。
いろんなものがごちゃまぜに出てきて、しりとりの言葉遊び的楽しさを絵にするとこうなるのかという感じです。
でも、荒井良二さんが絵を描いていなければもっと教科書的な知育絵本になってしまったかもしれません。

荒井良二さんの絵は子どもの落書きを大人の集中力で描いたみたいな絵です。
見ているとこどもの頃のお絵描きのワクワクした感じを思い出します。
いろいろなことをお話ししながら想像を広げて描いていくお絵描きは楽しいものです。
お受験用の絵画教室や学校などでは、たいてい子どもの絵は大胆に大きく描いた方が高く評価されますが、そうじゃなくてもすばらしい絵はたくさんあるんですよね。

奇想天外でぎゅっといろんな要素が詰まっている感じにはヒエロニムス・ボスの絵画も連想しました。
「快楽の園」―ボスが描いた天国と地獄 (ビジュアル選書)


娘はまだしりとりの意味はわかっていませんが、とにかくたくさんのものが楽しげに描かれた画面に見入っています