読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちめんなのはな

風景
山村 暮鳥

いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
かすかなるむぎぶえ
いちめんなのはな

いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
ひばりのおしゃべり
いちめんなのはな

いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
いちめんなのはな
やめるはひるのつき
いちめんなのはな



文字が色を持ち、なのはなに見えてきます。
そして聞くでもなく聞こえてくるひばりの声、遠くに聞こえてくるむぎぶえ。
絵画のようでもあり、音楽のようでもあり、その両方に勝ってしまっている詩だなあと思います。

今月の小学生対象あーとの間では、この詩を読み、音楽を聴きながら、本物の菜の花を見て描きます。
子供達が想像を広げてどんな絵を描いてくれるのか、とても楽しみです。