読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンガリー民話について

 

ハンガリー民話集 (岩波文庫)

ハンガリー民話集 (岩波文庫)

 

 今回の個展のテーマになったハンガリー民話。

日本ではほとんど知られていないと思います。

なせハンガリー民話をテーマにしたのかと問われることが多いので書いてみます。

 

私は子供の頃から日本の民話や昔話が好きで、大学は美術大学でしたが民俗学に力を入れていたので民俗学についても学ぶ機会が多く、次第に各国の民話に興味を持ちました。

一時期いろいろな国の民話を読んでいたのですが、その中でハンガリー民話は、ずば抜けて面白かったのです。

 

その魅力はひとことでいうと多彩なモチーフと奇想天外なストーリー。

西洋的でもなく、東洋的でもない。

すごく土着的な雰囲気のあるものなど、他では見たことのないモチーフがゴロゴロ出てきます。

 

ストーリーも人間の欲がはっきりと出ている割にあっけらかんとした感じが面白くて

岩波文庫のこのハンガリー民話集はオルトゥタイさんという民俗学者的な方が各地の民話のかたりべを訪ねて収集した話をあまり編集しないで収録している感じなので余計そうなのかもしれませんが)

読む人を置いてけぼりにするほどの奇想天外なストーリーも面白く、とてもそそられました。

 

後から知ったのですがハンガリー人というのはモンゴルあたりで日本人と別れたと言われているらしく、言語体系や名前の性、名の順など共通点が多いのです。

この展示の最中にもいろいろと縁を感じられるようなことが起こり、ますます行ってみたい国になりました。

 

この岩波のハンガリー民話集は今はもう絶版になってしまったようです。

展示に合わせてBooks and Modernでも中古の状態の良いものをたくさん仕入れてもらったのですが、予想外の売れ行きでほとんどがなくなってしまいました。

 

私の作品を見て少しでもハンガリー民話に興味を持ってくれる人が増えたのなら嬉しい限りです。

 

結果的に一ヶ月近く続いたこの個展も、いよいよ明日が最終日です。

明日は12時半頃から19時まで在廊予定です。

 

 

竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界

2016年6月18日(土)まで(会期再度延長になりました)
乃木坂Books and Modern
東京メトロ千代田線乃木坂駅2番出口より徒歩2分)
http://booksandmodern.com
にて開催
西洋と東洋が交錯し優雅な文化が息づく国、ハンガリー。人々の心をとらえるのは、目に見える街の風景、建築、音楽や文学の洗練の奥に潜む摩訶不思議で多彩な表情。
とりわけ民話の世界は文化や文学の様式ではくくれない不条理とユーモアを湛え、魔術的リアリズムで繰り広げられます。

本展ではイラストレーション作家、竹村東代子が、もうひとつの世界「切り絵」でハンガリー民話の世界を表現します。ライフワークの緻密な動植物作品とともに超絶技巧で切り抜かれた民話世界が、見る人を「魔術的な午後」に誘います。

新作切り絵作品約60点を展示販売

作家在廊中は切り絵の実演もあります。

 

 

 

 

残り3日となりました。

乃木坂Books and Modernでの展示、残り3日となりました。

18日までです。

今日は数時間だけでも行く予定だったのですが、風邪をひいて頭痛がひどいのでいけなくなってしまいました。

 

オーナーさんも私も体調不良が続いています。

季節のせいでしょうか。

 

ジメジメした季節ですが初夏のきのこたちは元気です。

近所の公園の落ち葉が積もった辺りをよく見ると、雨上がりに小さなきのこたちがたくさん顔を出していました。

 

 

f:id:takemura-toyoko:20160616123559j:plain

Books and Modernにも18日まできのこたちが生えています。

 

f:id:takemura-toyoko:20160616123830j:plain

 

 

子どもに聞かせる世界の民話

子どもに聞かせる世界の民話

 

 Books and Modernで今回の展示に合わせて入荷してくれた復刻版「子供に聞かせる世界の民話」少し読んだだけですが、とても面白いです。

世界各地の民話から、テーマや内容がかぶらないように選び出された民話たち。

読み聞かせにいいように、目次のところに話の長さのおおよその目安になる印が付けられています。

昔の本は、編集に時間と手間がかけられているなとつくづく感じます。

最近の子供向けの絵本や童話は毒や詳細を省かれたものが多く、安心して読める反面面白みがありません。

ちょっと読んだだけですが、この本は詳細がしっかりと描かれていて大人も想像力が刺激されます。

 

私も最終日に(残っていれば)買って帰る予定です。

 

 

竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界

2016年6月18日(土)まで(会期再度延長になりました)
乃木坂Books and Modern
東京メトロ千代田線乃木坂駅2番出口より徒歩2分)
http://booksandmodern.com
にて開催
西洋と東洋が交錯し優雅な文化が息づく国、ハンガリー。人々の心をとらえるのは、目に見える街の風景、建築、音楽や文学の洗練の奥に潜む摩訶不思議で多彩な表情。
とりわけ民話の世界は文化や文学の様式ではくくれない不条理とユーモアを湛え、魔術的リアリズムで繰り広げられます。

本展ではイラストレーション作家、竹村東代子が、もうひとつの世界「切り絵」でハンガリー民話の世界を表現します。ライフワークの緻密な動植物作品とともに超絶技巧で切り抜かれた民話世界が、見る人を「魔術的な午後」に誘います。

新作切り絵作品約60点を展示販売

作家在廊中は切り絵の実演もあります。

最終日18日は12時半頃から19時まで在廊予定。

 

アラニュ・ジャーダ

f:id:takemura-toyoko:20160611125622j:plain

ハンガリー民話「アラニュ・ジャーダ」より花輪と鳥。

 

王様が三人の王女を残して旅立つ前に娘たちに花輪と鳥を与えます。

貞節を守って生活していれば花輪と鳥は美しく保たれているはずですが、上の二人の娘は侵入してきた王子とやりたい放題。

末娘のアラニュ・ジャーダだけは王子が気に入らず、王子をトイレに落としたり、王子の料理やワインの樽をひっくり返したり、大怪我をさせた上で傷口に塩と唐辛子とガラスの欠片を擦り込んだり(全治1年)して撃退します。

王様が帰ってきた時、上の二人の娘の花輪と鳥は散々な状態でしたが、アラニュ・ジャーダのだけは美しく保たれています。

f:id:takemura-toyoko:20160611130519j:plain

最後は反省した王子とアラニュ・ジャーダが結ばれますが、そこまでした娘を許す王子とそこまでした王子と結ばれるアラニュ・ジャーダにそれでいいのか?!という疑問が残ります。。

 

でも案外、表面を取り繕わないいい夫婦になるかもしれませんね。

 

本日14時半頃〜19時まで在廊です。

会期が長いため、2回、3回と来てくださる方もいてとても嬉しいです。

切り絵をしながらお待ちしております。

 

 

会期再度延長になりました。

乃木坂 Books and Modernにて開催中の『竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界」再度会期延長になりました。

18日土曜日まで延長です。

ヨコハマきのこ大祭2016 初夏祭りにも出展が決まっているため、きのこをテーマにした作品の一部は引き上げますが、他の作品は継続して展示されます。

 

f:id:takemura-toyoko:20160608173331j:plain

本と、「脱ぎたてマグカップ」と一緒にお客様をお迎えする、きのこ標本箱

f:id:takemura-toyoko:20160608173403j:plain

浴槽の花髪の男。私の気に入ってる作品の一つです。

f:id:takemura-toyoko:20160608173435j:plain

靴を履きつぶす王女たち3部作。

銀箔を貼って焼いた(硫黄で酸化させた)銀の洋梨、金箔を一部に貼った金のプラム、銅の感じを出すために金箔と洋金箔(銀の混ざった金箔)を貼って焼いた銅のりんご。

質感にこだわった銅のりんごは「好き」と言ってくれる方が多く、苦労した甲斐がありました。

f:id:takemura-toyoko:20160608173928j:plain

f:id:takemura-toyoko:20160608173947j:plain

王様をがぶり!とやっちゃう猫のマターンですが、ありがたいことに二匹とも飼い主ができました。

 

9日木曜は、オーナーさん体調不良のため14時閉店になります。

作家在廊はありません。

11日は午後14時ごろ在廊です。

あと決まっている在廊日は18日だけですが、他の日も少し顔を出せるかもしれません。

 

 

f:id:takemura-toyoko:20160608175052j:plain

 

浦和で開催中のoyakoあーとの間。

よそ1歳~4歳の子と親子で楽めるワークショップを毎月2回開催しています。

6月のテーマはポンポンモビール作りです。

ハニカムシートって知っていますか?

半円などに切って広げるとふんわりとハニカム構造風に広がって、とても面白い&かわいいのです。

今回はこれを使ってモビールを作ります。

誰でもかわいいものができるので、大人も子供もテンション上がります。

 

 

・日時 6月12日(日)/15日(水)10:00〜11:30

・場所  浦和コミュニティセンター(浦和パルコの10階)集会室
・会費 1900円
(材料費、お茶、おやつ代、全員の障害保険代込み)

ハニカムペーパーという、切って広げるとふんわり丸くなる不思議な紙を使って可愛いモビールを作ります。色画用紙と組み合わせたり、ペンで色をつけたりして、風に揺れる素敵なモビールを作りましょう。

oyakoあーとの間は毎回いろいろなテーマで、親御さんもお子さんも楽しめて思い出に残るような作品を作っていきます。

材料やお菓子、飲み物も用意されているので、手ぶらで気軽に参加できます。

毎月第2日曜日と平日に開催中。
詳しい活動予定はwebサイト
http://oyako-art.jimdo.com
をご覧ください。

 

お申し込みはartnoma.hp@gmail.comへのメール、またはwebサイトhttp://oyako-art.jimdo.comのお申し込みフォームより受け付けます。会費は当日お支払いください。

7月は虹色スクラッチ!これも楽しみです。

本日14時半頃から19時まで

本日14時半頃から19時まで在廊しています。

会期が11日までなので、あとちょうど一週間。

久しぶりに会えた人、DMやブログ、各種メディアを見て初めて来てくれた方、通りがかりの方、色々なご縁があり嬉しいです。

f:id:takemura-toyoko:20160604132248j:plain

f:id:takemura-toyoko:20160604132332j:plain

今日も素敵なご縁がありますように。

 

乃木坂Books and Modernにて
5月20日(金)〜6月11日(土)
『竹村東代子作品展 魔術的な午後〜ハンガリー民話の世界』
開催中。
http://booksandmodern.com/gallery/569/
ハンガリー民話をテーマにした作品約20点。
ライフワークのきのこや動植物をてーまにしたさくひんやく40点を展示販売。
木、土曜日は在廊。
在廊中は切り絵の実演も行います。

今日の読売新聞朝刊、東京版に展示の案内掲載されています。

今日の読売新聞朝刊、都内版に展示の案内が掲載されています。

お手元にある方はどうぞ見てみてください。

 

takemura-toyoko.hatenablog.com

 

このブログの記事、FBなどで思いがけず拡散されているようです。

 

拡散していくれているのは主に作り手、またはギャラリストの方など発信する側の方なのだと思います。

共感してくださる方が多かったということなのでしょうが、たくさんの人が見てくれたということは不快な思いをされた方もいたのではないかと思います。

アーティストはこういうことを言うべきではないという意見ももらいました。

ですが、作品を見てくださる受け手の方にも、少しでも今まで考えたこともなかったアーティストの苦労、生活について思いを馳せていただけていたら嬉しいです。

 

ブログを見て「作品が良かったので」と展示に来てくださる方も何人かいて、ブログが多くの人に読んでもらえたことでご縁が生まれたのだと思うと書いてみて良かったです。

 

私自身も、余裕がある時はなるべく作家物を買うようにしています。

結婚式の引き出物を用意する際、「どうせ大枚叩くなら!」という思いと「普段作家物を手にすることのない人にも作家ものの良さを知ってもらいたい」という思いから大学の先輩の漆作家さんにお願いしてお椀を作ってもらいました。

私たちにとっても、受け取ったゲストの方にとっても、その器は他の引き出物とは一味違った特別な記念になったと思います。

 

最近は手作り品販売サイトなどを通じて作家物、一点ものを手にする機会も増え、若い人も抵抗なく買えるようになってきています。

 

大量生産、大量消費。

誰もが知っている物がいいもの、誰もが持っているものが欲しい、という時代から、少しずつ世の中がシフトしていけばいいなと思っています。

f:id:takemura-toyoko:20160603182727j:plain